The goal of MIRDC

Is to promote the development and upgrading of metals and related industries in the country.

To achieve this goal

The Centre carries out research and development and provides an array of services for technology transfer to the industrial community.

センターの歩み

テーマ
2010 12 SGS台湾検験科技公司との協力MOUを締結しました。医療器材製品の発売前審査の流れがスピードアップされ、将来的には金属センターの試験認証能力が統合されることが期待されます。
2010 12 国内ネジナットメーカーの航空宇宙締結部品への発展に協力する為、本センターは2009年に8項目のNADCAP認証を取得しました。そして2010年末にNADCAPの現場実地審査を通過、航空宇宙締結部品の検測能力と指導経験を維持しています。
2010 12 本センターと標準検験局共同で「中小型風力タービンシステム試験プラットフォーム」を立ち上げました。TAF認証を正式に取得し、国内の中小型風力タービン設置関連に必要な総合的検測試験認証サービスを提供します。このプラットフォームはアジア太平洋エリア及び台湾で最初に国際スタンダードに適合した中小型風力タービンシステム実験室でありTAF認証を取得しています。
2010 12 精密機電組が“全自動ウエハ露光機開発計画”をもって米資台湾ナショナルインスツルメンツ社主催第9回NIグラフィカル・システム・デザイン・コンテストに参加し特選賞を受賞しました。
2010 12 知能システム組が“画像アシストアラインメントの高精度マイクロアセンブリシステム開発”をもって米資台湾ナショナルインスツルメンツ社主催第9回NIグラフィカル・システム・デザイン・コンテストに参加し1位を受賞しました。
2010 11 「機械工業貢献賞」を受賞しました。本センターが長きに渡り金属科学技術の研究開発を専念し、近年は政府に協力し産業のレベルアップ転身を指導しており、その方向性・産業サービスの範囲が既存の金属加工業から医療器材、電気自動車、光電半導体などハイテクノロジーへと拡張していることが認められての受賞となりました。
2010 11 2010年11月17日第5回環黄海国際マグネシウムシンポジウム(YSR5)を主催しました。2010年軽金属革新応用設計コンテスト最終選考会を併催し、シンポジウム・ポスター論文・軽金属コンテストの授賞式が執り行われました。発表された論文は日本・韓国・中国・台湾の4カ国69編にのぼりました。
2010 11 本センター産業人材発展組が行政院労工委員会職業訓練局台湾訓練品質システム(TTQS)の評定で銅賞を受賞しました。
2010 11 中国のハルピン工業大学と策略連盟を締結しました。双方の技術能力の有効運用、実務・学術経験の交流増進を図ります。
2010 10 中華民国厨具商業同業公会全国連合会、燁聯鋼鉄公司、義守大学と共同で「高品質キッチンツール」研究開発策略連盟を設立しました。競争力を備えた高価値化キッチンツールを開発して中国・東南アジアの低価格競争からの脱却を図ります。
1 / 9
Update:2017-02-21
:::
CONTACT US

台湾高雄市楠梓区高楠公路1001号 ( MAP )

TEL : +886-7-3513121  /  FAX : +886-7-3516528

Information

Update : 2024-06-12

Visitors : 1,279(100,000+)